search this site.

selected entries

archives

mobile

qrcode

others

Instagram

クリスマスリース(@PizzaRiva)



クリスマスリース(@Lequel)



本日店頭



ピンク&パープル

 

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし



本日店頭



ドゥジエムの冬じたく展 Lesson&Market vol.5

 

 

 

お知らせがいつもより遅くなってしまいましたが、5回目となる冬じたく展、今年も開催いたします。

 

11月24日(金)〜26日(日)の3日間。

DMが届き今日から各店で配布しています。

 

今回、冬のリース作りのほかに新しいレッスンを二つご用意しております。

 

「冬の投げ入れ」

針葉樹を含む、常緑樹やハーブ、実や花を組み合わせ、冬の景色を花瓶にいけることをレクチャーします。

花瓶に生けることが日常の花飾りの全てとも言えるのではないでしょうか。

たくさんの種類を生けていきます。

花材は全てお持ち帰りいただきますが、いけ直して飾っているうちに次第にきれいにドライになっていくかと思います。

時間の経過とともに変わっていく様子も楽しんでもらいたい。

そして花と緑のいけるコツを一つ二つ、持ち帰っていただきたいとご用意いたします。

 

「フィールドノート-冬の植物を描く-」

こちらはご縁あって大阪在住のイラストレーター八田靖恵さんに水彩画の教室をお願いいたしました。

大人になって絵筆を持つ機会もなくなってしまってますが、さりげなく素敵な絵を見るにつけ胸がときめくのはなんでしょう。

久々の絵筆に少しの戸惑いを隠せないのは私。ですが、憧れと期待もいっぱい。ぜひ一緒に楽しみましょう。

冬のグリーティングカードを描いて持ち帰っていただきます。

 

 

水彩画以外にもモダンカリグラフィーのワークショップなど、生活に馴染むシンプルなアート、クラフトを伝えていらっしゃる靖恵さん。咋冬目にして気になってたフレーベルの星飾りも、冬じたく展でご案内いただけることとなっています。

 

 

そして、やはり冬じたく展のメインレッスンは針葉樹のリース作り。

針葉樹の香りが立ち込める中でのリース作りは思い出しただけでワクワクする幸せな景色。

今回も金曜日に2回、土曜日に1回、日曜日に2回、計5回のレッスンをご用意しました。

リース作りの基本をしっかりとお伝えしつつ、今年の冬のリースを素敵に持ち帰っていただけるようご準備します。

 

 

以上のワークショップのほか、お席のご用意できる時にはミニレッスンも随時開催します。

友人片山宏美さんによる手作りのお菓子とお茶のセットもご用意します。

ほっこりと、楽しいひと時を感じていただきたく、どうぞお誘い合わせてお出かけくださいませ。

 

 

●ご予約は先着順となっております。お問い合わせ、お申し込みはドゥジエム東観音町本店082-235-2387までよろしくお願いいたします。

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし



本日店頭



ホワイト&パープル



本日店頭



ドゥジエムお花の頒布会 11月前半

 

 

秋も深まり、今回お届けしたのはディープ&ダークな色合い。

ヒペリカムの紅葉がとてもきれいです。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「ドゥジエムお花の頒布会」は

季節感を大切に

ドゥジエムが特におすすめしたい花を組み合わせて

定期的に、お得に、お届けするお花の会です。

 

[日程]

毎月第2・第4金曜日にご用意(変更の場合は事前にお知らせします)

A.「前半の会」B.「後半の会」C.「月2回の会」いずれかをお選びください。

 

[金額]

1回3,000円(+消費税)のコース

1回5,000円(+消費税)のコース ※写真は3,000円のセットです。

 

[お渡し方法]

ドゥジエム各店にご来店いただくか、配達、発送も承ります。

次回のお届けは

11月後半・・・12月1日

12月前半・・・12月8日

12月後半・・・12月22日

お申し込みは随時受付中!

試しに一回だけ、というご注文も承っております。

また遠方にお住いの方への発送も行っております。 店頭、もしくはお電話でご相談ください。

 

●東観音町本店/082-235-2387 ●古江店/082-208-4887

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし



この記事のトラックバックURL
トラックバック
<< | 2/500PAGES | >>



ページのトップへ